農業共済事業

果樹共済

対象となる作物

  • りんごりんご
  • ぶどうぶどう
  • なしなし
  • もももも
  • かきかき
  • すももすもも

加入できるのは

果樹の種類「りんご、ぶどう、なし、もも、かき、すもも」の類ごと(災害収入共済方式においては種類ごと)に5a以上栽培している農業者です。
ただし、特定危険方式は、20a以上で、かつ5年以上栽培経験がある場合に加入できます。
また、災害収入共済方式・全相殺方式は、生産量のおおむね全量をJA等に出荷し、出荷数量・価格・品質等について資料の提供を得られる農業者です(青色申告者を含む)。

補償の主な内容について

加入できる方式の種類は次のとおりです。

  • 半相殺方式 : 農家単位で、被害樹園地の減収分のみにより損害を把握する仕組み
  • 樹園地方式: 樹園地単位に、被害樹園地の減収分により損害を把握する仕組み
  • 災害収入共済方式 : JA等の出荷資料から収穫量及び生産金額を把握する仕組み
  • 地域インデックス方式 : 市町村別統計単収に基づく農家単位の収量の減少分により損害を把握する仕組み(個人ごとの減収量では評価しません)

半相殺方式

減収総合方式
種類 補償期間 対象となる共済事故 支払対象 補償限度割合
一般方式 花芽形成期~収穫期 自然災害(地震・噴火を含む)、病虫害、鳥獣害、火災による果実の減収 3割、4割、5割を超える損害 7割、6割、5割のうちから加入者が選択
短縮方式 発芽期~収穫期 自然災害(地震・噴火を含む)、病虫害、鳥獣害、火災による果実の減収 3割、4割、5割を超える損害 7割、6割、5割のうちから加入者が選択
特定危険方式 ※2022年産から廃止となります。
種類 補償期間 対象となる共済事故 支払対象 補償限度割合
暴風雨方式 発芽期~収穫期 暴風雨による果実の減収( 最大風速13 .9 m毎秒以上、最大瞬間風速20m毎秒以上) 2割を超える損害 8割
2セット方式
(暴風雨+ひょう害)
発芽期~収穫期 暴風雨、降ひょうによる果実の減収 2割を超える損害 8割
3セット方式
(暴風雨+ひょう害+ 凍霜害)
発芽期~収穫期 暴風雨、降ひょう、又は降霜による果実の減収 2割を超える損害 8割

樹園地方式 ※2022年産から廃止となります。

減収総合方式
種類 補償期間 対象となる共済事故 支払対象 補償限度割合
一般方式 花芽形成期~収穫期 自然災害(地震・噴火を含む)、病虫害、鳥獣害、火災による果実の減収 4割を超える損害 6割
短縮方式 発芽期~収穫期 自然災害(地震・噴火を含む)、病虫害、鳥獣害、火災による果実の減収 4割を超える損害 6割
特定危険方式
種類 補償期間 対象となる共済事故 支払対象 補償限度割合
暴風雨方式 発芽期~収穫期 暴風雨による果実の減収( 最大風速13.9m 毎秒以上、最大瞬間風速20m毎秒以上) 3割を超える損害 7割
2セット方式
(暴風雨+ひょう害)
発芽期~収穫期 暴風雨、降ひょうによる果実の減収 3割を超える損害 7割
3セット方式
(暴風雨+ひょう害+ 凍霜害)
発芽期~収穫期 暴風雨、降霜による果実の減収 3割を超える損害 7割

災害収入共済方式

種類 補償期間 対象となる共済事故 支払対象 補償限度割合
災害収入共済方式 花芽形成期~収穫期 果実の減収又は品質の低下を伴う生産金額の減少 2割、3割、4割を超える損害 8割、7割、6割のうちから加入者が選択

地域インデックス方式

種類 補償期間 対象となる共済事故 支払対象 補償限度割合
地域インデックス方式 花芽形成期~収穫期 自然災害(地震・噴火を含む)、病虫害、鳥獣害、火災による果実の減収 1割、2割、3割を超える損害 9割、8割、7割のうちから加入者が選択

共済金額(補償金額)について

(収穫量×補償割合)×kg当たり価格 ※標準収穫量(平年収量)は、品種・樹齢・栽培形態により定められています。
※㎏当たり価格は、過去一定年間における平均価格を基に毎年国から示されます。

【計算例】
半相殺減収総合方式で補償割合70%、kg当たり価格210円/kgの場合(品種:ふじ)
(3,000㎏ ×70%)×210円=441,000円(千円単位とする)

共済掛金(農家負担共済掛金)について

共済金額×掛金率−国の負担額(国が半額を負担します) ※防災施設を設定している樹園地については、共済掛金が割引となります。

【計算例】
上記の例で掛金率を6.0%とした場合
共済掛金
441,000円×6.0%=26,460円
農家負担掛金
26,460円−26,460×50%(国の負担額)=13,230円

防災施設で掛金の割引について

りんご、ぶどう、なし、もも 、かきについて、特定の防災施設(防霜ファン等)が設置されている園地について、共済掛金の割引(防災施設割引)を受けることができます。

主な防災施設と割引率

肥培管理や病害虫防除が不適切な場合など、対象となる災害以外に減収の原因がある場合は、支払われる共済金が減額されることがあります。

主な防災施設と割引率
りんご
防災施設 総合方式 特定危険方式:暴風雨 特定危険方式:2セット 特定危険方式:3セット
防風ネット 5% 40% 25% 20%
防霜ファン 5% 20%
ぶどう
防災施設 総合方式 特定危険方式:暴風雨 特定危険方式:2セット 特定危険方式:3セット
防風ネット 5% 40% 25% 20%
雨よけ 30% 20%
なし
防災施設 総合方式 特定危険方式:暴風雨 特定危険方式:2セット 特定危険方式:3セット
防風ネット 5% 40% 20% 20%
防霜ファン 5% 20%
もも
防災施設 総合方式 特定危険方式:暴風雨 特定危険方式:2セット 特定危険方式:3セット
防風ネット 5% 40% 20% 20%
防霜ファン 5% 20%
かき
防災施設 総合方式 特定危険方式:暴風雨 特定危険方式:2セット 特定危険方式:3セット
防風ネット 5% 40% 20% 20%
防霜ファン 5% 20%

※このほか、多目的ネットや防鳥ネットなど、割引の対象となる防災施設があります。

共済金の支払いについて

共済金額×支払割合 共済目的の種類等ごとに損害割合が一定割合を超える被害が発生した場合に、共済金額に損害割合に応じた支払割合を乗じて算出される額が共済金として支払われます。

損害割合に応じた共済金の支払割合

樹園地総合方式
区分 21% 31% 41% 50% 60% 70% 80% 90% 100%
共済金支払割合(%)     2 17 33 50 67 83 100

の部分の%は損害割合になります。

半相殺減収総合方式・樹園地特定危険方式
区分 21% 31% 41% 50% 60% 70% 80% 90% 100%
共済金支払割合(%)   1 14 29 43 57 71 86 100

の部分の%は損害割合になります。

半相殺特定危険方式
区分 21% 31% 41% 50% 60% 70% 80% 90% 100%
共済金支払割合(%) 1 13 25 38 50 63 75 88 100

の部分の%は損害割合になります。

【計算例】上記の例で損害50%とした場合
(半相殺減収総合方式)
441,000円×29%=127,890円

全ての方式の損害評価方法が農家申告抜取調査に変わります

現在、損害評価は、被害申告圃場について全筆損害評価を実施していましたが、全方式について2019年産から組合員が被害申告する圃場の収量を自己申告をしていただくことになります。組合は、申告耕地の抜取調査を行い、組合員間のバランスを調整(修正)して収量を決定します。これを「農家申告抜取調査」と言います。

お支払いできない被害

肥培管理や病害虫防除が不適切な場合など、対象となる災害以外に減収の原因がある場合は、支払われる共済金が減額されることがあります。

農業共済事業一覧にもどる